MENU
CLOSE

包茎リングって何?

包茎リングとはその名の通り、仮性包茎の包皮を剥き、常に露茎させることを目的として開発されたリング状の器具です。正式名称は仮性包茎矯正リング。矯正リングとも呼称されていることがあります。

似た言葉にペニスリング、コックリングというものがありますが、これはペニス根本で血流を止めることにより、勃起時間の持続、硬度の維持などを目的にした商品です。包茎リングはこのような目的で作成されていないので、使用しないようにしましょう。

どんなふうにして使うの?

主な包茎リングはカリの部分に取り付けることで余り側の皮戻りを防ぐことを目的としています。

大まかな装着方法としては、

  1. まずは皮を剥いて亀頭を露出する。しっかり引き寄せ、カリ部分が見えるようにします

  2. カリ部分に包茎リングを取り付けます。

  3. 包茎リングがしっかりと装着され、皮が戻らないことを確認します。

この様な流れで装着することが主流です。

サイズが大きすぎて外れる・小さすぎて締め付けるといった場合は無理をして使用をするのをやめましょう。サイズ調節機能があれば自分のペニスサイズに合わせて調節する、大きめサイズ/小さめサイズの包茎リングに変えるなどして、自分のペニスにフィットするものを選びましょう。

どんな種類のものがある?どんな特徴がある?

包茎リングには大まかに分けて、「C型リング」、「O型リング」、そのどちらにも当てはまらない「形状変化型」のタイプが有ります。各包茎リングそれぞれの特徴を説明します。

C型リング

その名の通りアルファベットの「C」のような形状をしている包茎リング。基本的に一つのパーツのみで構成されているため、価格は安価なものが多くあります。 しかしその分対応できるサイズの幅が狭く、勃起によるサイズ変化に弱い、という特徴があります。不意の勃起や朝立ちなどで締め付けられることもあるため注意が必要です。

O型リング

C型リングと同じように、アルファベットの「O」のような形をした包茎リングです。カリ首を一周する形状のため、包皮をしっかりとホールドし脱落しづらい・しっかり剥けるという特徴があります。しかし、C型リングと同じようにペニスサイズの変化に弱く、素材によっては勃起時に締め付けてしまう恐れもあります。

変形型リング

包茎リングとしてはスタンダードなC型、O型とは違う比較的新しい形状の包茎リングが変形型です。磁石によるサイズ変化やチューブの伸縮性などを利用し、ペニスの状態に合わせて形状が変化します。複数素材の組み合わせにより伸縮性と保持性を両立しおり、勃起時でも締め付けず萎縮時でも脱落しづらいという特徴を持ちます。

包茎リングクマッキーは、本体は優しいゴム素材、接続部はサイズ変化に対応しやすいように磁石を使用している変形型の包茎リングです。

包茎情報の一覧に戻る

トップに戻る

その他の包茎リング: