MENU
CLOSE

仮性包茎の特徴は?

仮性包茎とは通常時(萎縮時は)包皮が亀頭にかぶさり露出しないけれど、勃起時に亀頭のほとんどが露出する包茎の状態を指します。また、手などにより自分の意志で簡単に皮を向くことが出来るのも仮性包茎の特徴です。日本人の6割近くが仮性包茎だとも言われています。

真性包茎や嵌頓包茎のように生殖に支障をきたすような状態ではないため、国際的には「仮性包茎」を指す用語はありません。しかし日本ではマスメディアなどを通じて広く認知された言葉として定着しています。

仮性包茎の問題点は?

衛生面

平常時に亀頭が包皮の中に収められるため、露茎した状態と比べて恥垢が溜まりやすくなっています。また、外気と触れ合わないため恥垢による悪臭も発生しやすく、雑菌の繁殖による尿路感染などが発生する恐れもあります。

亀頭の先端が先細りしやすい・早漏になる可能性が

亀頭が包皮によって保護されているため、亀頭が刺激を受けづらくなり発達が送れる可能性があります。また、皮で保護されることで亀頭が敏感なままになり、性行為の際に刺激に耐えられず早漏になってしまう可能性もあります。

世間からの印象

一時のクリニックのイメージ戦略などにより、仮性包茎に対し「大人じゃない・発達していない」などの悪印象を持つ女性が少なからずいます。また、それにより仮性包茎であることに引け目を感じ女性に対し消極的になってしまうこともあります。

女性側の「仮性包茎は不潔」というイメージから、性交渉を断られる可能性があるのもデメリットです。

こういった性についてのストレスが積み重なると、ひどい場合はEDを引き起こす場合があります。

仮性包茎対策をするなら安全な仮性包茎リング、クマッキー

包茎情報の一覧に戻る

トップに戻る

その他の包茎リング: