MENU
CLOSE

包茎とは?概要と種類の解説

包茎って何?

包茎とは、ペニスの亀頭が包皮に覆われている状態のことです。

生まれたての頃は誰しも包茎です。これはペニスが小さく、亀頭と包皮の間が癒着しているためです。

青年期頃にペニスの発達や亀頭の増大、包皮の根元側への後退などにより亀頭は露茎します。しかし何らかの理由により、包皮が残り、亀頭が露出しない場合があります。

包茎の種類にはどんな物がある?

包皮の程度により、包茎は3種類に分けられます。

仮性包茎

通常時(萎縮時は)包皮が亀頭にかぶさり露出しないけれど、勃起時に亀頭のほとんどが露出する包茎の状態を指します。また、手などにより自分の意志で簡単に皮を向くことが出来るのも仮性包茎の特徴です。日本人の6割近くが仮性包茎だとも言われています。

仮性包茎についての問題点・デメリットなど

包茎リングクマッキーが使用できるのは真性包茎の方のみです。

真性包茎

仮性包茎と違い、皮の入り口が非常に狭く全く露茎することが出来ない状態の包茎を真性包茎と言います。

洗浄・乾燥ができず恥垢や雑菌が繁殖するため病気の原因になりやすい、通常の生殖が難しいなどといった弊害が上げられ、真性包茎による問題は大きいです。

保険適応で手術をすることが出来ますが、手術が不安という方は真性包茎矯正器具などを使って包皮口の幅を広げることが出来ます。

真性包茎矯正器具について

嵌頓(かんとん)包茎

平常時(萎縮時)はなんとか亀頭を剥くことが出来るけれど、比較的包皮口のサイズが狭いため亀頭のカリ部分を締め付けてしまう包茎を嵌頓包茎と言います。

勃起時にはさらに包皮口が亀頭を締め付け、炎症や腫れなどが発生することがあります。

真性包茎同様、手術等による何らかの処置が必要です。

包茎情報の一覧に戻る

トップに戻る

その他の包茎リング: